健康経営

健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)の認定をいただきました。

 
 

【株式会社ソフトウェアプロダクツの健康経営について】

 SPCでは、従業員の健康が企業及び社会にとって重要な資本であると捉え
経営的視点から従業員の働く環境の整備・改善、健康情報の提供、健康投資
を促す仕組みの構築を目指しています。
こういった形で会社が従業員の健康を積極的に支援することが従業員の
QOL(生活の質)を向上させ、活き活きとした生活を送ることでそれぞれ
の仕事の生産性や企業価値までもが向上していき、ひいてはそれが当社の企業
ビジョンである”惚れる会社になる”ことに繋がると考え経営上の重要課題の
1つとして取り組んでいます。 

●施策実績●

①スポーツクラブ月会費の補助
②インフルエンザ予防接種費用の補助
③建物内完全禁煙
④社内設置の自動販売機等の商品内容の見直し
(カロリーの低い商品やノンカロリーのハーブティーを設置)
⑤健康診断 診断項目の増加 オプションの補助
⑥健康診断 再検査未受診者の把握と受診促進
⑦リフレッシュデー(残業をしない日)の設置
⑧労務管理表による残業・有給管理 見える化
⑨朝のラジオ体操実施
⑩人事考課表の見直し(長時間労働が高い評価になっていないかなど)
⑪メンタルヘルス研修実施(全社員)
⑫「ふじ33プログラム」実施(全社員)
⑬健康体操研修実施(全社員)
⑭毎日のリフレッシュタイムの実施(毎日15分間の軽い運動をする時間を設ける)
⑮サークル活動の推進・費用補助(若手マラソンサークル・マラソンサークル発足)
など

コメントは受け付けていません。